【ダイエット】腹筋を割るならアブローラー

日常
スポンサーリンク

私は趣味で筋トレをしてます。

基本的に自重トレーニングがメインです。

腕立て伏せ、懸垂、腹筋、スクワットをローテーションしてやってます。

そのなかでも、腹筋に関しては道具に頼りきっています

アブローラー(腹筋ローラー)がおすすめの理由

その道具とは、アブローラーです。

または腹筋ローラーとも呼びます。

これが我が家のアブローラーです。

雨の日も風の日もお世話になっています。

これはダイエット、筋トレするのであれば絶対におすすめです!

おすすめな理由!
・簡単・お手軽!
・保管に場所をとらない!
・とにかくコスパが良い!!

腹筋で何やるか迷ったら、とりあえずこれだけやっとけばまず間違いないです

 

アブローラーだけやってても一応腹筋は割れるようになります。(※画像はむかたけの腹筋です)

ある程度脂肪を落とす必要もありますが・・・。

スポンサーリンク

やり方と回数

やり方は簡単です。


両手で取っ手を握って、膝をつく(スタート位置)
※膝の痛みが気になる人は座布団などをクッションにしてください。

アブローラーを前にコロコロと転がして上体を前に倒す(フィニッシュ位置)

下げきったら今度は腹筋を収縮させることを意識しながらスタート位置に戻す。

この繰り返しです。


ポイントはフィニッシュ位置からスタート位置へ戻す時に、お尻を極力引かないようにして下げることです。
×写真:お尻から下引いているダメな例です。
〇写真:腹筋を収縮して下げている良い例です。

これをやるだけで腹筋の効き方が段違いになります。

私はこれを10回3セット(限界がきたらそこでおしまい)を週2ペースでやってます

注意!
アブローラーって思いの外、腹筋への負荷が大きいです!
舐めてかかると次の日に筋肉痛で地獄をみますので、慣れるまでは少ない回数から始めることをおすすめします

立ちコロ

膝をついてではなく、立った状態で行う事も出来ます

膝をついてやるアブローラーは通称、膝コロ
立った状態からやるのは通称、立ちコロと呼ばれています。

この立ちコロですが、あまりおすすめはしていません

何故かと言うと、立ちコロは腰への負担が半端ないです。

腰痛持ちの人とかだと悪化しちゃうかもなので、膝コロでやった方が良いです。

 

立ちコロの方が難易度は高いのですが、膝コロでも十分に効果はあります

あのボクシングで有名なメイウェザー膝コロでトレーニングやってました。
50戦無敗!フロイド・メイウェザーのトレーニング【ボクシング】 – YouTube
動画40秒ぐらいのところでアブローラーをしています。

気になるお値段

そして皆さんが気になるお値段ですが、何と大体1500円で売ってます

中には1000円未満のアブローラーも存在します

この合理的な腹筋製造機でこのお値段は破格です。
1000円~2000円ぐらいで、割れた腹筋が手に入るお話は非常に美味しいです。

 

ちなみに安全のためにストッパー付きのアブローラーもあるので、怪我が心配な人はそちらをおすすめします。

最後に

皆さんも良かったらアブローラーを試してみてはいかがでしょうか?

ダイエットのメニューに加えて、理想の腹筋を手に入れましょう!

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました