【アレルギー】アレルギー反応の種類とメカニズム

薬局業務
スポンサーリンク

花粉症や食べ物、金属など、アレルギーはかなり身近にあるものです。

むかたけも花粉症で苦しんでいます

では、アレルギーとはいったい何でしょうか?

今回はアレルギーのメカニズムについてお話します。

アレルギーには種類がある

アレルギー反応とは、外敵から身を守る為の身体の防衛反応が、何らかの要因で自分自身に向けられてしまう反応を指します。

発生するメカニズムによって幾つかに分けることが出来ます。

 

現在はⅠ型~Ⅳ型までのアレルギー分類があります。

アレルギー反応は、身体の免疫反応や抗体が大きく関わります。

免疫反応や抗体について知りたい方はこちらもどうぞ。

Ⅰ型アレルギー

即時型アレルギーとも呼ばれています。

食べ物アレルギー花粉症など、日常的にも多いアレルギー反応です。

代表的な疾患は気管支炎喘息アトピー性皮膚炎花粉症などのアレルギー性鼻炎蕁麻疹などがあげられます。

 

IgE抗体が大きな原因となっています。

抗原に特異的なIgE抗体が肥満細胞に結合し、そこにIgE抗体と特異的な抗原が結合すると肥満細胞はヒスタミンやロイコトリエンといったアレルギー反応を起こす物質を分泌します。


かわの内科アレルギー科より

ヒスタミン:
アミノ酸の代謝によって作られる物質です。
体中にある物質で、気管支の収縮や胃酸の分泌、血管の拡張や中枢神経の覚醒、免疫反応など、多くの作用に使われています。
ロイコトリエン:
脂肪酸の代謝によって作られる物質です。
ヒスタミンと作用は似ていて、気管支の収縮や血管の拡張、免疫等に関わりますが、胃酸の分泌や中枢の覚醒作用等はあまりありません

通常であれば、ヒスタミンなどは血管を広げて血流を良くし、涙や唾液などの分泌も促進させて外敵をいち早く外に排泄しようとすると同時に新たな侵入を防ぎます。

しかし、この反応がかえって腫れや炎症、痒みなどのアレルギー反応として現れてしまうのがメカニズムとなっています。

スズメバチの毒や食物アレルギーなど、身体が大きく反応してしまうものであれば、アナフィラキシーショックのような事態にも繋がってしまうので注意が必要です。

Ⅱ型アレルギー

主に抗体が関わります。

抗体の中でも特にIgMIgGが大きく関わります。

何らかの要因で自分自身の細胞の表面が抗原と認識されてしまうことが原因で発生します

自分自身の細胞が抗原と認められてしまうと、抗体が貼り付いて自分自身を他の免疫細胞が攻撃してしまいます。

アレルギーの種類(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ型アレルギー) (nkdesk.com)より

人の身体は細胞の集まりでできています。

全身に分布する細胞(血管の細胞など)が抗原と認められてしまったりすると、全身性の炎症が生じたりもしてしまいます。

代表的な疾患は自己免疫性溶血性貧血、橋本病、重症筋無力症、グッドバスチャー症候群、バセドウ病などです。

Ⅴ型アレルギー:
Ⅱ型アレルギーの亜型としてⅤ型アレルギーがありますが、基本的なメカニズムはⅡ型アレルギーと同じです。
細胞表面を刺激、活性化させた状態をⅤ型アレルギーとしています。
バセドウ病は甲状腺を刺激させるため、Ⅴ型アレルギーに分類されています。

Ⅲ型アレルギー

抗体が主に関わります。

特にIgGが影響が大きいです。

Ⅱ型アレルギーのように細胞表面などではなく、身体の体液中に溶けている物質(可溶性物質)に対するアレルギー反応です。

 

こちらもⅡ型アレルギーと同様に、身体中に分布している物質が抗原と認識されてしまうと全身性の炎症に繋がってしまいます。

抗原となり得るものが、外部から取り入れた物質だけではなく、自分自身が代謝により作り出した物質の可能性もありますので、なかなか厄介なアレルギーです。

代表的な疾患は関節リウマチ、全身性エリテマトーデスです。

Ⅳ型アレルギー

遅延型アレルギーとも呼ばれます。

ヘルパーT細胞が大きく関わるアレルギー反応です。

ヘルパーT細胞は活性化すると、他の免疫細胞も活性化します。

それはヘルパーT細胞が他の免疫系統に指令を出すからなのですが、ヘルパーT細胞にも担当部門(タイプ)があります。

ヘルパーT細胞のタイプ

Th1細胞とTh2細胞に大別することが出来ます。

Th1細胞:主にウイルスや細菌がきた時に変化しやすいタイプです。
ウイルスや細菌は小さい為、マクロファージや好中球などの貪食作用やNK細胞で排除してもらう。Th2細胞花粉やダニやホコリなど、大きな物質がきた時に変化しやすいタイプです。
大きな物質の為、好酸球などで動きを止めたりした方が都合が良い為、Th2細胞は好酸球を多めに呼び出します。

Th1細胞でもTh2細胞でも、最後には免疫細胞を呼び出して排除するので、結果的に炎症反応が起きる点は同じですが、メカニズムは若干異なります。

 

スポンサーリンク 

 

バランスが崩れた時にアレルギーは起きやすい

Th1細胞とTh2細胞は通常バランスを取り合っていて、片方の働きが過剰にならない為に、お互いに抑制するように働いています。

このバランスが崩れた時にアレルギー症状が起きると考えられています。

つまり、片方の免疫細胞が弱ければもう片方のブレーキが利かなくなってしまうということです。


腸活♪ 腸がきれいなら体は元気! – Th1細胞とTh2細胞 (tekipakioffice.com)より

1度目よりも2度目の方が反応が強い:感作

Ⅳ型アレルギーは1度目の抗原との反応よりも、2度目の抗原との反応の方が強くアレルギー反応を起こすことが多いです。

これは2度目の時には感作済みのT細胞が準備しているからです。

感作:
1度侵入してきた外敵を覚えて、2度目に備えて強化しておくことです。

感作済みのT細胞は2度目には、より多くのサイトカインを出して、多くの単球(マクロファージ)や好中球、NK細胞を呼び寄せることが可能となるため、反応が大きくなります。

T細胞から出されるサイトカインをリンホカインと言います。

Ⅳ型アレルギーは時間がかかり、炎症のピークまで1~2日程かかるので、遅延型アレルギーと呼ばれています。

代表的な疾患は接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などがあげられます。

アトピー性皮膚炎はⅠ型とⅣ型の混合型と言われています。

まとめ

  • Ⅰ型アレルギー:外部の物質を抗原と認識するアレルギー(即時型)
  • Ⅱ型アレルギー:自分自身の細胞の表面が抗原と認識されてしまう
  • Ⅲ型アレルギー:身体の体液中に溶けている物質(可溶性物質)に対するアレルギー
  • Ⅳ型アレルギー:ヘルパーT細胞が大きく関わるアレルギー(遅延型)

最後に

いかがでしたでしょうか?

アレルギー症状は身近にあるものです。

免疫バランスが崩れた時にも反応が出やすくなります。

規則正しい生活を心がける様にしましょう。

ではでは。

参考文献
管理薬剤師.com
かわの内科アレルギー科
http://immubalance.jp/about/immunity-5/

タイトルとURLをコピーしました