コロナ関連

コロナ関連

【新型コロナ】 子どもへのコロナワクチン接種。子どもにとって必要?

2021年11月現在、既にアメリカでは子ども向けのワクチン接種が進んでいます。現在、ファイザー製のワクチンは12歳以上への使用が許可されています。アメリカで12歳未満への使用が進めば、日本にもその流れがやってくる可能性は高いです。我が子に新型コロナウイルスのワクチン接種をさせるか、悩む親御さんは多いと思います。今回は、12歳未満の子どもへのワクチン接種に関するお話です。お子さまのワクチン接種に悩む方は、今回のお話が参考になれば幸いです。
2022.01.21
コロナ関連

【遺伝子】mRNAワクチン 重症化リスクには半年以上の効果あり。ブレークスルー感染には注意。

新型コロナウイルスで一躍有名となったmRNAワクチンですが、身体の中にある抗体量に関する情報を良く耳にします。『2回目接種後に抗体価が激減した!もうワクチンの効果ないかも!』なんてお話も耳にします。今回は半年後mRNAワクチンの効果についてのお話です。
2021.11.11
コロナ関連

【解熱鎮痛剤】ロキソニンとカロナール(アセトアミノフェン)の違いを簡単に解説します。

解熱鎮痛剤で有名なお薬に、ロキソニンとカロナール(アセトアミノフェン)があります。 両者は市販でも販売されていて、解熱鎮痛剤の中で最もメジャーと言っても良いでしょう。 ロキソニンとカロナールって何が違うの? ...
スポンサーリンク
薬局業務

【検査】『PCR』『抗原』『抗体』各検査の違いを簡単に説明します。

新型コロナウイルスが蔓延するようになってから、PCR検査や抗原検査、抗体検査などの用語が飛び交うようになりました。『PCR検査・抗原検査・抗体検査って何が違うの?』このような質問も多いです。今回は検査項目の違いに関するお話です。
コロナ関連

【新型コロナ】抗体カクテル療法とは 効果や対象者

新型コロナウイルスの治療の1つとして、抗体カクテル療法と呼ばれるものがあります。重症化リスクを下げるための治療法ですが、一体何なのでしょうか。今回は抗体カクテル療法についてのお話です。
2021.11.05
コロナ関連

【新型コロナ】ファイザー製とモデルナ製の副反応比較

新型コロナウイルスワクチンにはいくつか種類があります。その中でも、mRNAワクチンであるファイザー製とモデルナ製は有名です。しかし、副反応のお話も耳にします。今回は、ファイザー製ワクチンとモデルナ製ワクチンの副反応のデータを比較してみました。
コロナ関連

【新型コロナ】モデルナ製ワクチン(モデルナ筋注)の副反応について

新型コロナウイルスワクチンには、いくつかのワクチンがあります。 その中の1つに、モデルナ製ワクチンの『COVID-19ワクチンモデルナ筋注』があります。ワクチン接種を行う際の不安の1つに副反応があります。既にワクチン接種をされた方も、これからワクチン接種をされる方もご参考いただければ幸いです。
2021.12.16
コロナ関連

【新型コロナ】ファイザー製ワクチン(コミナティ筋注)の副反応について

新型コロナウイルスのワクチンには、ファイザー製ワクチンの『コミナティ筋注』があります。ワクチン接種による不安の1つに副反応があります。人によって副反応の発現率や度合いは異なりますが、一定のデータがあれば指標にはなり得ます。既に接種された方も、これから接種される方もご参考いただければ幸いです。
2021.11.11
コロナ関連

【遺伝子】変異ウイルスへのワクチン効果 効きにくくなる理由

変異ウイルスに対しては、ワクチンが効きにくい、もしくは効かないケースがあります。それは何故でしょうか?今回は、変異ウイルスに対するワクチンの効果についてお話します。
コロナ関連

【新型コロナ】ワクチンを2回接種する理由

新型コロナウイルスワクチンは2回接種する必要があります。それもスケジュールをしっかり決めて接種しなければなりません。今回はその理由についてお話します。
2021.12.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました