【超お得】破格の制度!ふるさと納税の仕組みやメリットを簡単に説明します!

日常
スポンサーリンク

ふるさと納税という言葉はよく耳にします。

ふるさと納税はやらないともったいない!

 

と言われていますが、中々やる気が起きない人は多いのではないでしょうか。

 

何となくお得なことは知っているけど、やる気出ない。

私もやる気が出ない人の一人でした。

 

少し前にやっとふるさと納税に手をつけてみましたが、調べてみるとめちゃくちゃお得な制度で驚きました。

まだふるさと納税をしていない人は、絶対におすすめです。

今回はふるさと納税に関するお話です。

ふるさと納税のメリットを簡単に

ふるさと納税は簡単に言うと、

実質負担2,000円+税金を先払いすると返礼品を貰える

そんなイメージです。

 

例えば、ふるさと納税で20,000円分を利用した場合。

20,000円-2,000円=18,000円分は税金の支払いに充てられます。

ふるさと納税では所得税と住民税に影響しますが、サラリーマンの場合は住民税に対する効果が大きいです。

 

皆さんはお住まいの自治体に住民税を支払っているかと思います。

支払う住民税の金額は、今年分の収入を基に算出され、翌年の6月から開始されます。

 

今年ふるさと納税使った場合、翌年の6月から支払う住民税が少なくなるというイメージです。

 

単純計算になりますが、

18,000円分の税金を先払いしたので、来年の6月以降の住民税が月々1,500円(年間18,000円)が安くなる

そんなイメージです。
※説明の簡略化の為、所得税分も合算しています。

 

 

 

自分が支払う筈の住民税を前年に払っている訳なので、住民税が安くなっているというイメージでも構いません。

 

元々支払うべきお金を支払っているだけだけど、品物(返礼品)がおまけでついてくる!

そんなお得な制度となっています。

 

補足:実際の控除額

実際の控除額は、所得税分と住民税分の控除額を合算したものになります。

 

ふるさと納税の税金控除額=①所得税分の控除+住民税分の控除

 

となります。

住民税の控除は②住民税基本分からの控除③住民税特例分からの控除を合算した金額になります。

①所得税の控除=(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率

②住民税基本分からの控除=(ふるさと納税額-2,000円)×10%

③住民税特例分からの控除=(ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%-所得税率)

 

その為、実際に控除される住民税額は②+③となります。

 

今回は説明の簡略化の為、①所得税分も住民税の控除として表しています。

むかたけ
むかたけ

何卒、ご了承下さい。

 

実質2,000円

ふるさと納税にはこのようなキャッチフレーズがあります。

実質2,000円でお得な返礼品が受け取れます!

ここの『実質』がポイントです。

 

ふるさと納税の返礼品は、どれも市販で販売されている品物よりも割高に設定されています。

 

先の説明でもありましたように、ふるさと納税は税金の前払いです。

しかし、支払った全額が税金に充てられる訳ではありません。

支払った金額-2,000円=税金に充てられる

ということになります。

 

例えば、ふるさと納税で20,000円支払った場合

20,000円-2,000円=18,000円が税金に充てられる金額ということになります。

 

上限額に注意

そんなにお得なら税金分めいっぱい使おう!

という考えになりそうですが、残念ながらふるさと納税には上限額があります。

 

上限額は家族構成や所得などで決まります。

ふるさと納税 控除シミュレーションと計算方法(限度額の目安) | ふるさと納税サイト「ふるなび」 (furunavi.jp)

ご自身の年収が大まかにでもわかれば、算出は可能です。

 

しかし、上限額ギリギリで利用したい人は、昨年の源泉徴収票や確定申告書を用いた算出をおすすめします。

より具体的な算出が可能となります。

むかたけ
むかたけ

参考までに、独身・年収350万円の人の場合、限度額は34,000円となります。

ふるさと納税の上限額はその年の所得によって決まります。
昨年の源泉徴収票や確定申告書はあくまでも参考にしかなりませんのでご注意下さい。

ネットショッピング感覚で買える

ふるさと納税の購入サイトはいくつかあります。

むかたけ
むかたけ

私は楽天ユーザーなので、断然楽天を使用しています。

 

楽天を使用する一番のメリットはふるさと納税で購入した分も、楽天ポイントが付くことです。

お買い物マラソンスーパーセールなどと組み合わせると、ポイントだけでも相当な金額になります。

うまく利用すれば、実質負担額の2,000円分以上ポイントが貯まるケースもあります。

楽天ユーザーの方は、ふるさと納税の購入は楽天がおすすめです。

 

スポンサーリンク 

 

サラリーマンでも簡単に出来る

ふるさと納税をやらない理由の上位は

申請が細かくて面倒くさそう・・・

このような理由が多いでしょう。

 

サラリーマンの多くは年末調整のみで、確定申告の経験者は多くないと思います。

そんなサラリーマンの方でも、ワンストップ特例制度を使えば簡単に済ふるさと納税が出来ます。

ふるさと納税は購入時に、ワンストップ特例制度を『希望する』か『希望しない』かを選択することが出来ます。

『希望する』を選択し、ワンストップ特例制度の申請書とマイナンバー等の身分証コピーを、ふるさと納税地域の自治体に送るだけでOKです。

 

申請した後は、ふるさと納税地域の自治体がお住まいの自治体に納税額をお知らせしてくれるので、税金関係のことは全て裏でやってくれます。

 

なので、

  • 購入時にワンストップ特例制度を『希望する』を選択
  • 申請書+マイナンバー等のコピーをふるさと納税地域の自治体に送る

この2つだけでOKです。

 

申請書は1ヶ月ほどで、ふるさと納税地域の自治体から送られてきますので、記入して返送しましょう。

むかたけ
むかたけ

ふるさと納税サイトでダウンロードも可能です。

【完全版】ワンストップ特例制度 はじめてのふるさと納税でも、ふるなびなら簡単! | ふるさと納税サイト「ふるなび」 (furunavi.jp)

 

ワンストップ特例制度を『希望しない』にした場合も、ダウンロードして自分で準備して代用は可能です。

申請書はふるさと納税した自治体ごとに送る必要がありますので、ご注意下さい。
ちなみにワンストップ特例制度を使えるのは、5つの自治体までになります。

 

実際に買ってみた

私はご飯が大好きですので、我が家ではお米を日常的に購入しています。

今回はお米をふるさと納税で購入してみました。

ちなみに、こちらのお米はふるさと納税でなければ、4,000円程で販売しています。

ふるさと納税を適用した場合は9,000円となり、相当な割高となります。

 

しかし、ここで支払う金額は将来的に支払う税金の先払いです。

2,000円は実質負担なので、9,000円-2,000円=7,000円

税金先払いが7,000円ということになります。

 

 

仮に私の住民税が年間10万円だとすると、

100,000円-7,000円=93,000円

来年の6月以降の住民税が10万円→9万円弱になるのでお得です。

 

むかたけ
むかたけ

しかも、2,000円の負担で、4,000円相当の品物が貰えてしまうのですからお得過ぎます。

実質2,000円に対してお得なのは、『お肉』や『果物』が多いと言われています。

 

個人的には無理して欲しくないお得な品を選択するより、日常的に購入しているものを選択した方がお得と感じます。

上限額がしっかりと把握できるのが秋~年末になります。
その為、秋~年末は駆け込みのふるさと納税利用者が多くなり、返礼品の遅延等もあり得ますのでご注意下さい。

無事届きました

注文してから約2週間で届きました。

むかたけ
むかたけ

最低でも1ヶ月はかかるかな?

と思っていましたが、早くて驚きました。

自治体によって届くまでの時間は異なりますので、ご注意下さい。

むかたけ
むかたけ

本当にネットショッピングと同じ感覚なので、おすすめです!

まとめ

  • ふるさと納税は税金の先払い
  • 払うべき税金を前払いすると品物が貰える
  • 2,000円の自己負担は必要
  • 上限額に注意
  • ワンストップ特例を使えば楽

最後に

返礼品が一度にたくさん届き過ぎて保管場所がない!

という、『ふるさと納税あるある』もあります。

お肉などの冷凍や冷蔵が必要な返礼品は、冷蔵庫内のスペースが必須となりますので、計画的に利用しましょう。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました