【薬局】薬局のお会計をギリギリまで安くする方法

薬局業務
スポンサーリンク

薬局でお薬を貰うとき、多くの人はお薬代を支払います。

実はお会計金額って薬局毎に微妙に違っているのってご存知でしたか?

今回は薬局のお会計事情お会計を安くする方法についてお話します。

(2021年3月時点)

何で薬局毎に微妙に金額が違うのか?

お薬の値段はが決めています。

薬価と呼ばれるお薬の値段を、国が定めていますので、お薬自体の金額は薬局ごとに変えることは出来ません。

 

では、何がお会計の違いを生み出しているのでしょう?

 

薬剤師が行う調剤やお薬の説明等の金額も調剤報酬という形で、国で定められています。

この調剤をすれば○点。
この説明をすれば○点。
お薬手帳を確認すれば○点。
(1点=10円)

などのように、細かく設定されているのです。

ちなみに病院やクリニックは診療報酬に基づいて金額が定められています。

これは医療において、独占格差が生まれないようにするためです。

 

日本は国民全員が保険医療を受けられます

日本全国どこの医療機関でも同じように医療を受けられるようにする仕組みのようなものですね。

 

しかし、それなら何故薬局ごとにお会計が違うのでしょう?

それは薬局の施設基準に関わる金額です。

平たく言えば、その薬局が国が求める一定の水準を満たしていれば、その分お会計をプラスしても良いというものです。

一定の水準とは?

基本料

調剤基本料というのは、薬局を利用すれば問答無用で算定される金額です。

この基本料ですが、一律かと思われがちですがそうでは有りません。

実は、ここにも一定の水準というものが存在します。

ざっくり言えば、受け付けてる処方せん枚数が極端に多かったり、集中率が高かったりすると、幅広い対応をしている調剤薬局とはみなされず、報酬が下がってしまいます

集中率
主要な医療機関の処方せん受付割合のこと
例えば、ある薬局の月の処方せん受付枚数は月1000枚だとします。
その内訳は、A病院の処方せんが月800枚、B病院は月100枚、C病院は月70枚、D病院は月30枚だとします。
この場合はA病院が主要な医療機関となり、集中率は80%ということになります

国は、格差なく平等で幅広い医療を提供する体制を良しとしています

つまり、1つの医療機関に依存したり、薬局の一極化は国は良しとしていないのです。

ですので、

一ヶ所からの医療機関からの処方せん枚数が多い=一極化している

というように見なされてしまうのです。

その為、条件の面でも一極化とみなされる毎に報酬点数は低くなっていきます

薬学管理料

薬剤師は患者さんの情報を記録しなければなりません

それは薬の飲み合わせやアレルギーや体質などを考慮した上で、適切な調剤を行う為です。

この情報を薬歴と言います。

患者さんのお薬のカルテのようなものです。

 

患者さんにお薬の指導をして、この薬歴を記載することでも報酬が発生します。

これを薬剤服用歴管理指導料(通称:薬学管理料)と呼びます。

 

裏技に近いですが、この報酬点数は外す事が出来ます

薬局によっては、

薬歴の記載を前提に適切な薬剤使用があるとし、薬歴を外すのであれば調剤出来ない

としている薬局もあるので、出来るところと出来ないところがあります。

薬学管理料を算定しなくても、薬の適切な説明・指導は薬剤師の義務ですので本当は調剤はしなければなりませんが・・・。

※薬学管理料を外してしまうと、お薬の飲み合わせや患者の各種情報管理が成されない可能性があります。
副作用で有害事象が発生した場合に相談に応じられなくなるケースもありますので、自己責任の範囲でお願い致します。

算定の場合は、お薬手帳来局歴の有無で点数が変わってきます。

最も安くなる方法は、

3か月以内に再度お薬手帳と一緒に処方せんを受け付ける

ということです。

かかりつけ薬剤師
かかりつけの医師があるように、かかりつけの薬剤師もあるのです。
自分の好きな薬剤師を指名して、その人から薬の指導を受けたり管理をお願い出来る制度となっています。
かかりつけ薬剤師を指名すると色々なメリットはあります。
・残薬管理や他院薬剤の一元管理・継続的把握
・24時間の相談体制(電話対応など)
・医療機関との連携
かかりつけ薬剤師を設定するとお会計は高くなります。
薬学管理料が一律76点に変更となります。
指名料みたいなものですね。
ちなみにこれをすべて同時進行で行っていると薬剤師は過労で死にかけます
どうかお手柔らかに(^o^;)

地域支援体制加算

これは一般的な薬局よりも、更に幅広い対応を行っていると算定出来る報酬です。

ざっくり言えば、

特定の医療機関だけの為ではなく、他の医療機関からの処方せんを随時、幅広く受け付けできるように薬局を開局しており、地域住民の為に、必要に応じて迅速に調剤受付や相談に応じられるような体制を整えた薬局です。

まさに国が理想とする薬局を体現したかのような内容となっています。

在宅訪問でお薬を渡していたり、一定数以上のお薬の取り扱い、薬剤師の研鑽や、かかりつけ薬剤師の届け出など、算定するハードルはかなり高めです。

しかし、この算定を行っている薬局は幅広い医療を提供出来ている薬局と国が認めている同然です。

当然、それ相応の報酬も発生します。

処方せん1枚当たり38点の算定となります。

外来の報酬では最高峰の報酬料となっています

 

基本料が1以外の場合は算定のハードルはかなり上がります

基本料1以外で地域支援体制加算を算定することは条件が本当に厳しいので、算定している薬局があれば本当にすごいと思います。

それほどハードルが高いのです。

後発医薬品調剤体制加算

現在、国は医療費削減の為に後発医薬品を推進しています

その為には、薬局にバンバン後発品を調剤して貰わなければなりません

 

しかし、後発品というのは先発品と比べて安価です。

薬局も商売なので、利益を出さなければいけません。

安い後発品より先発品の方が利益を多く出せます

薬局の利益をとしては、後発品より先発品を使った方が良いのです。

 

しかし、薬局が後発品を調剤してくれないと、いつまでも経っても国が望む後発医薬品の普及が出来ません。

そこで国は「一定数以上の後発品を使っている薬局には、受け付けた処方せん1枚に付きお会計をプラスしても良い」としたのです。
それが後発品医薬品体制調剤加算です。

「国が推進する後発品の普及に大きく貢献、努めてます」といった加算になります。

御覧のように、薬局で後発品を使えば使うほど、報酬が上がっていくのがわかります。

 

利益が高い先発品ばかりを調剤しよう!

という薬局が現れると思いますが、先発品ばかり使っていると、今度は減算の対象となります

後発医薬品の調剤数量が40%以下(▲2点)

国の方針は後発医薬品使用の促進です。

現在は、数量ベースも減算点数も小さいですが、今後は厳しくなることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク 

 

どうやって見分ける?

明細書を見ると、その薬局がどのような取り組みをしている薬局か読み取る事が出来ます。

しかし、明細書はあくまでお会計後に貰える事が多いです。

どうすれば加算の有無を見れるのでしょうか?

掲示物を確認する or 電話する

薬局内に掲示している張り紙を確認するか、直接聞きましょう!それが一番手っ取り早いです。

張り紙に関しては加算を算定している場合は、薬局内にその旨を掲示しなければならない為、そちらで確認することが出来ます。

当薬局は○○加算を算定しています 〇点』などですね。

しかし、

『薬局内に入ってしまったら、処方せんを出さなきゃいけなくなる空気に耐えられない!』

という場合は電話してください

おそらく、よほどのことがない限りは答えてくれるかと思います。

目ぼしい薬局がわからない

いままで説明してきたことを思い返してみてください。

加算は基本的に、幅広く医療を提供している薬局に算定しやすいように出来ています。

つまり、一極化していそうな薬局を探せば良いのです。

多くの薬局は外から中の様子が少し見えるような構造になっていることが多いです。

 

おすすめは、

・その地域内に病院が1つしか存在しない。
・いつも薬局の待合室が、患者さんで溢れている。
・調剤室にいる薬剤師が多い(数人以上)

こういった薬局は一極化している可能性が高いです。

しかし、こういった薬局は別です。

・クリニックモールや駅前にある薬局
・さほど待合室が混んでいるわけではないのに、薬剤師数が多い。
・調剤室内にカゴが積み上がっていたり、いつも薬剤師が中で何かしらの作業をしている。

こうした薬局は老人ホームや、門前の医療機関の患者さん以外にお薬の渡し先がある可能性が高いです。

つまり、一極化していないということです。

 

あなたが行きつけの薬局はどういった雰囲気か、今度見てみるのも良いでしょうね。

処方内容でお会計が変わる 内服薬調剤料

「処方内容でお会計が変わる」

当然のことですが、こちらに関しても知っておかなければならないことがあります。

服用時点の数でお会計が安くなる

この薬は朝食後に服用!これは昼食後に服用!あっちは夕食後に服用!

など、服用時点を自分からお願いしている患者さんがたまにいます

 

これは闇雲にお会計を上げる結果となるので、おすすめしません。

出来れば、お薬の服用時点はまとめた方が良いです。

例えは

処方せん(1)
A薬 1錠 朝食後 14日分
B薬 1錠 昼食後 14日分
C薬 1錠 夕食後 14日分
処方せん(2)
A薬 1錠
B薬 1錠
C薬 1錠 朝食後 14日分

実はこちらの処方内容では(2)の方が110点安いのです。

使っている薬の量は同じなのに何で安いんだ?

そんな質問が多いと思います。

 

内服薬調剤料というものは「服用時点が増えるほど高くなる」のです。

処方せん(1)では、服用時点は朝食後、昼食後、夕食後3つありました。

処方せん(2)では、服用時点は朝食後だけの1つです。

内服調剤料は4つ目以降の服用時点は算定されませんが、3つの目の服用時点までなら算定することが出来るのです。

つまり、いたずらに服用時点を多くすると無駄にお会計が高くなってしまいます

服用時点で効果に差異が出てしまうお薬以外であれば、基本的には用法は変えて問題ありません。

服用時点をまとめられるものがあれば、医師に希望を出してみましょう。

※薬剤師に希望を出すと、薬剤師が医師に相談して変更する流れとなります。
その場合、相談したという点数が加算されることがありますので、処方せんの発行前の段階で医師に希望を出すことをお勧めします。

処方日数でも差が出る

ちなみに、処方日数でもわずかながら安くできるケースがあります。

それは、長期日数の処方せんの場合です。

処方せんの日数というものは日数で点数が区切られています。

日数の範囲内の点数は一律です。(22日分でも30日分でも77点になる)

つまり、22日分処方より、30日分処方の方が8日分お得になるのです。

 

そして、31日分以上はどこまでも一律です。(86点)

長期処方であるなら90日分が最もお得ということです。

※3か月以上来局しなかった場合は、薬学管理料が上がってしまうので、3か月以内に来局しないといけません。(薬学管理料が43点→57点に上がってしまう)
薬学管理料を外してもらって、かつ病院に受診するつもりがなければ90日分以上の長期であるほどお得となります。

夜間休日等加算

落とし穴となりがちなのは、平日の夜土曜日の午後です

時間によっては加算されてしまうので、要注意です。

夜間休日等加算(40点)
平日は19時~翌朝8時(土曜日は13時~翌朝8時)及び休日、深夜であって薬局が表示する開局時間内において調剤した場合。

平日の夜までか、土曜日の午前中に処方せんを受け付けてもらうのが良いでしょう。

結局、安く済ませたいならどうすれば良いか?

一極化していそうな薬局を探す。(電話で聞くのが一番早い)
調剤基本料1以外を算定。
地域支援体制加算を算定していない。
後発医薬品体制加算を算定していない。
薬学管理料を外してもらう。(薬剤師に相談)※自己責任でお願いします
服用時点を1つにまとめる。(医師に相談)
長期処方日数で処方せんを出してもらう。(医師に相談)
お薬は後発品を検討。(薬剤師に相談)

先発品希望であればAGを検討してもと思います。

AG(オーソライズドジェネリック医薬品)
先発品と同一の原薬や添加物を使用し、同一の製造方法で作られている為、ほぼ完全に先発品と同じ薬
しかし、製剤自体は限りなく先発品だが、後発医薬品に分類されるので安価である。
平日の夜までか、土曜日の午前中に処方せんを受け付けてもらう
夜間休日等加算に属する時間に、基本料1、後発加算3、地域支援を算定している薬局で受け付けた場合と比べて、3割負担の人500円ほど安くなります。
用法のまとめ長期日数処方後発品への変更を視野に入れると、更に安くなる可能性が高いです。

どれぐらい安くなるのか?

実際に次の処方内容で確認してみましょう。
3割負担患者:19時以降に受付した場合
先発:クレストール錠2.5mg 1錠 朝食後 28日分内訳
調剤基本料1(42点)、薬学管理料(57点)、地域支援体制加算(38点)、後発調剤加算(22点)、内服調剤料(77点)、夜間休日等加算(40点)、薬剤料(140点)

お会計は1250円となります。
次に、一極化している可能性が高い薬局で受け付けした場合です。
3割負担患者:19時より前に受付した場合
AG:ロスバスタチン錠2.5mg「DSEP」 1錠 朝食後 28日分

内訳
調剤基本料3(21点)、後発調剤加算(22点)、内服調剤料(77点)、薬剤料(56点)

お会計は530円になります。
この時点で720円安くなっていますが、用法をまとめたり、長期処方で処方してもらうことが出来ればさらにお得になります。
可能であればお試しください。

※薬学管理料を外してしまうと、お薬の飲み合わせや患者の各種情報管理が成されない可能性があります。
副作用で有害事象が発生した場合に相談に応じられなくなるケースもありますので、自己責任の範囲でお願い致します。

最後に

身も蓋もありませんが、結局のところは病気にならないのが一番ですね。

お金をかけて健康を続けている人もいますが、やっぱり健康は宝です。

極力、病院や薬局のお世話にならないような生活を心がけましょう

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました