【疲労回復】とある薬剤師が栄養ドリンクを見て思ったこと。

日常
スポンサーリンク

テレビのCMやコンビニなどでよく見かける栄養ドリンクですが、疲れてる時にグイっと1本飲む姿が印象的ですよね。

そんな栄養ドリンクを見た時に、薬剤師の立場で思った事をお話しします。

栄養ドリンクの中の成分は?

多くの栄養ドリンクに入ってる成分は、ビタミンB群カフェインです。

栄養ドリンクによっては、タウリン生薬が追加で含まれてたりします。

 

ビタミンB群として、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンが入っていることが多いのですが。

これらの成分は簡単に言うとエネルギー代謝を助けてくれる成分です。

 

糖分や脂質のようなエネルギー源があっても、ビタミンがないとエネルギーに変換されにくいのです。

その為、ビタミンB群が足りないと倦怠感や疲労感が強くなります

ビタミンB1

糖質の代謝がスムーズに行われる為に必要なビタミンです。

主に糖質をエネルギー源としている脳や神経の働きに大きく貢献しています。

その為、不足すると疲れを感じたりしやすいです。

豚肉やうなぎ、大豆などに多く含まれます。

ビタミンB2

脂質の代謝に大きく関わるビタミンです。

皮脂の分泌を調節したり、肝臓での解毒を助けてくれる効果もあります。

不足すると口内炎などの口周囲の炎症が起きやすくなります。

レバーや牛乳などに多く含まれます。

ビタミンB6

タンパク質の代謝や細胞の新陳代謝に大きく関わるビタミンです。

赤血球のヘモグロビンの産生にも関わっています。

その為、不足すると発育不良や貧血などに繋がってしまいます。

肉類全般やレバーなどに多く含まれています。

ナイアシン

ニコチン酸・ニコチン酸アミドの総称です。

別名ビタミンB3とも言われています。

糖質代謝に特に大きく関わるビタミンです。

その他、DNAの修復であったり、皮膚の発育や消化器系の働きを促進するなど、体の中では幅広い役割を担っています

 

その為、不足すると疲労感や皮膚の粘膜障害、食欲不振や消化不良など、様々な症状が起きてしまいます。

肉類全般や大豆類、魚介類と多くの食品に含まれており、日常生活で食事を摂れていれば不足することは稀です。

栄養ドリンクの大まかな効果

栄養ドリンクの効果も疲労感に良いとされているのは、主にビタミンB群の役割です。

ビタミンB群やナイアシンを使って効率良くエネルギーに変換。
疲労感や血糖値の上昇に伴う眠気に対してカフェインを投入。

栄養素ドリンクはこんな効果を狙っていると推察されます。

 

スポンサーリンク 

 

ビタミンの摂取量

ビタミンには1日の摂取量というものが定められています。

栄養ドリンクに良く入っているビタミンは、B1、B2、B6、ナイアシンなどが大体の栄養ドリンクに入ってることが多いです。

成分比率に関しては多く栄養ドリンクで似たり寄ったりです。

 

推定平均必要量というものがあります。

これは、尿中のビタミン排泄量が増大し始める摂取量(体内飽和量)です。

つまり、それ以上摂取しても体外に排泄されてしまう分量ということなので、こちらを基準として考えます。

栄養ドリンクの成分と摂取量を比べてみると以下の通りになります。

推定平均必要量:男(女) アリナミンV リポビタンD チオビタドリンク
ビタミンB1 1.2mg(0.9mg) 5mg 5mg 5mg
ビタミンB2 1.3mg(1.0mg) 2mg 5mg 5mg
ビタミンB6 1.2mg(1.0mg) 10mg 5mg 5mg
ナイアシン 13mgNE(9~10mgNE) 25mgNE 20mgNE 20mgNE
推定平均必要量は日本人の食事摂取基準(2020年版)の(18~49歳)を元に作成しています。
※各種ドリンク製剤に共通しているビタミンのみを紹介しています。

 

このように、栄養ドリンク1本で飽和するビタミン量を大幅に越えることがわかります。

栄養ドリンクに入ってるビタミンは水溶性ビタミンばかりですので、数本飲んでも過剰になる心配はありません

水溶性ビタミン

今回紹介したビタミン類は、全て水溶性ビタミンに分類されます。

水溶性ビタミンは、文字通り水に溶けやすい性質です。

 

過剰に摂取した分はおしっこと一緒に排泄されてしまいますので、余程の事じゃない限りは過剰症の心配はありません。

医療用のビタミン剤とか10倍量以上とかで使用されてたりしますしね。

要は、最低限の摂取量を上回っていれば、上限に関しては余程の事でなければ心配は要らないということです。

カフェイン量

栄養ドリンク1本でのカフェイン量は50mgです。

これはコーヒー0.5~1杯分ぐらいのカフェイン量なので、栄養ドリンク数本ぐらいであればカフェイン中毒は問題ないかと思います。

効率的に栄養ドリンクを飲むには?

余程の偏食でなければ、普通に食事していればビタミンはある程度摂取出来ます。

つまり、食事が出来てる上での栄養ドリンク1本飲みは勿体ないということです。

 

個人的には三食しっかり食べてる人は、多少疲れたならコーヒー1杯飲んで10~15分の仮眠をした方が良いと思います。

栄養ドリンクを飲むにしても、ビタミン等の含有量から考えれば、栄養ドリンクの半分の量で構いません。

ビタミンの吸収量には限度がある

ビタミンB2は腸から吸収されるのですが、1度に吸収される量には限度があるのです。

つまり、1度に多くのビタミンB2を腸に送り込んでも、大半は吸収される前に素通りしてしまうことになります。

 

食物などが腸に入っていると、栄養ドリンクもそれに混じり、ゆっくり吸収されることになります。

その為、栄養ドリンクは空腹時よりも食後に飲んだ方が効率的に吸収出来ると言えます。

栄養ドリンクは小分けにして飲むか、食後に飲んだ方が効率が良い。

最後に

前述したことはわかっていても、栄養ドリンクって1本丸々飲んでしまうんですよね。

CMでやってるみたいに、栄養ドリンクを開けてグイーっと飲むと不思議とやる気が出るのです。

プラセボによる効果が大半でしょうけどね( ̄▽ ̄;)

仕事が忙しすぎてデスクの上に栄養ドリンクがいっぱいある…。

薬剤師的にはこのような栄養ドリンクの飲み方は勿体ないな~と感じてしまうのでした。

ではでは。

参考文献
健康長寿ネット (tyojyu.or.jp)
日本人の食事摂取基準(2020年版)

タイトルとURLをコピーしました