【薬局業務】調剤薬局の薬剤師の仕事内容 普段何をしてるの?

薬局業務
スポンサーリンク

私は現在、調剤薬局で薬剤師として勤務していますが、皆さん調剤薬局の薬剤師ってどんな印象ですか?

薬剤師は国家資格なのですが、仕事の幅が広いです。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、卸、製薬会社、研究者など多岐に渡ります。

私が良く聞く印象だと調剤薬局の薬剤師は

 

薬渡すだけの楽な仕事

 

という印象が強いようです。

否定したいのですが、薬局の中の仕事が紹介される機会ってあまりないので、そう見られても仕方がありません。

今回はそんな調剤薬局の薬剤師がどんな内容の仕事をしているのか、私の仕事内容と絡めて紹介致します。

外来患者の対応

これは言わずもがなですね。

病院やクリニックから発行された処方箋を手に患者さんが来局します。

処方箋に記載されているお薬を正しく調剤し、患者さんにお渡しします。

 

『体調お変わりないですか~?』

と質問すると

 

『・・・何で毎回毎回同じこと聞くの?(怒)

 

・・・ごもっともなご意見です。

そうですよね~。

病院でも同じような事を聞かれて疲れているところに、薬局でも同じこと質問されたらそりゃ鬱陶しいと思いますよね。

 

でも、これが薬剤師の仕事なんです。

ごめんなさい、許して下さい。

 

ここで単に薬を渡すだけであれば本当に簡単です。

でも、それだけだと薬剤師要らないよね?となります。

 

毎回毎回同じことを聞く理由は、患者さんが正しく薬を服用できるか確認する為なんです。

 

何故かというと、患者さんによってはこの確認次第で薬が変更・中止になる人もいるからです。

 

ずっと体調が変わらず同じ薬を飲み続けている人であれば問題はないのですが、

たま~にこういう患者さんがいます。

 

『体調はお変わりないですか?』

『体調は変わりないけど、血圧が高くなってきたのが心配かな』

『血圧のお薬は前と同じものが処方されていますけど、病院の方で今日は血圧の薬を変えてみるお話とかはなかったですか?』

『前と同じ薬?病院では血圧の薬を変えるって聞いていたけど・・・』

こんな患者さんですね。

結局、この時は病院に問い合わせをして処方内容を変更してもらいました。

 

薬局は患者にとって薬が正しく処方されているか確認するチェック機関でもあります。

大半はこういったことはないのですが、こうしたことはたまにあります。

たまにしかないので、お薬だけを渡しているようにとられがちになってしまうのです。

仕方がないですけどね。

 

酷い時はこんなこともあります。

その患者さんは初めて来局された方で、問診票を記入してもらいました。

患者さんからの処方せんの内容は歯医者で使用する抗生剤

記入してもらった問診票を確認すると、『透析を受けている』記載が・・・。

透析とは: 人の体は不要になった物質を腎臓で排出していますが、腎臓の機能が悪くなってしまうと物質の排出が出来なくなり、毒素が体にたまり多くは死に至ります。    ですので、腎臓の代わりに不要となった物質を人工的に取り除く医療技術が透析なのです。

お薬の排泄も腎臓で行われることが多いのですが、お薬によっては透析でも取り除けない為、使ってはいけないお薬も数多くあります。

今回処方されていたお薬は、使ってはいけないお薬だったのです。

 

『透析中であることは歯医者さんにはお話ししましたか?』

『歯医者さんの問診票には書きましたが、直接口では言ってなかったと思います。』

 

・・・このパターン本っ当に多いです

経験上、そういうことを医師に直接言わない理由の上位は

  • 忙しそうだから
  • なんとなく言いづらい
  • 怖い

が多いです。

 

先入観ですが、お医者さんって常に忙しそうにしてて、話すの申し訳なくなっちゃいますよね。

変な事を口走ったら怒られそうとも思いますし。

そういったこともあるので、薬剤師にマシンガントークされる方も本当に多いです。

このケースでは問い合わせをして、無事にお薬を変更してもらうことが出来ました。

 

こういった形で日々確認しながらお薬をお渡ししています。

ですので、毎回同じことを聞かれても怒らないで頂けるとありがたく思います(笑)

在宅患者の対応

最近はかなり増えてきているのですが、患者さんの中には疾患等の理由で通院できない患者さんもいます。

そんな患者さんは訪問診療を受けているケースが多いです。

訪問診療: 医師が患者のお宅に訪問して、お宅で診療・診察を行う事を言います。

病院で診療・診察するだけが医療ではありませんしね。

その訪問診療で発行された処方箋を元にお薬を調剤し、患者さんのお宅にお届けてお薬の説明、お渡しする流れとなっています。

 

ちなみにこの訪問診療ですが、老人ホームなどでの訪問診療では薬剤師が医師の診療に同行するケースが多いです。

医師が薬剤師に求めるものは医師によって違いますが、経験上で一番求められているのは残薬の確認です。

 

『この薬今日から始めたいんだけど、処方せんには何日分て書けば良いかな?』
『B薬に切替えたいんだけど、前に処方してたA薬って何月何日まで残ってる?』

 

とかの質問が多いです。

当然、お薬の相談をしてくれる先生もいます。

 

 

『この患者さんは今この薬使ってるんだけど、全然良くならない。代わりに何か使えそうな薬ないかな?
『この患者さんにこの抗生剤処方したいんだけど、今飲んでる薬との飲み合わせって大丈夫?』

とかが多いですね。

訪問診療の同行はその場で医師と直接会話が出来るので、どういった経緯で薬が処方されたかがわかりますし、処方内容に不備があった時はその場で言えば済んでしまう為、非常に効率が良いのです。

その為、薬剤師が訪問診療に同行するメリットは非常に大きいのです。

薬局だと医師と直接話す機会って割と少ないですしね。

そして、処方箋を元にお薬を調剤して、在宅患者の元へお届けするのですが、老人ホーム等の場合は何十名と入居している場合もあります。

その全員分のお薬を継続的に服用できるようにお届けしなければならない為、結構な仕事量となります。

患者さんの記録や報告書の作成・整理

薬剤服用歴というものがあるのですが、平たく言えば患者さんの薬のカルテのようなものです。

記載すべき項目は国で定められていて、薬の記録や併用薬の有無、副作用の有無や指導内容など記録しないといけないことが数多くあります。

訪問診療の在宅患者さんの場合だと、これと併せて医師への報告書や計画書も必要になります。

この患者さんの記録を俗に『薬歴』というのですが、この薬歴は薬剤師にとって非常に重要です。

過去、何度も薬歴に助けられてきました。

先程、お話しした外来の患者さんの処方内容に不備があり、病院に問い合わせを行うケースですが、この薬歴の情報から発見できることが多いのです。

薬歴には患者さんのこれまでの服用薬剤の記録だけでなく、既往歴やアレルギー、併用薬まで細かく情報が詰まっています。

 

先程の透析を受けている患者さんも、薬歴を記載するときは『透析を受けている』旨を記載します。

この情報は今後来局した際にも活き続けてきます。

こうした情報を元に、処方された薬剤の飲み合わせに問題ないか確認を行い、薬を正しく服用した頂くことが可能となるのです。

よく、国がかかりつけの医師や薬剤師を選んでおいた方が良いと謳っていますが、医療費削減の為だけではなく、こうした医療の質を上げる為でもあります。

 

そして、薬歴に匹敵する情報源があります。

それはお薬手帳です。

現在は徐々に電子化されていますが、まだ冊子として持っている方も多いのではないでしょうか?

突発的にしか薬を服用しない方はあまり必要性を感じないかもしれませんが、日常的に薬を服用している方は非常に重要な情報源になり得ます。

薬剤師等の医療従事者側も、お薬手帳に助けられることは多々あります。

 

自分が服用している薬の名前がわからない

意外とこういう方多いです。

薬を服用しているけど、名前がわからない。

これだと医療従事者側は薬の処方や飲み合わせが正しいかどうかわかりません。

 

特に活躍するのは救急搬送時災害時です。

救急搬送時に本人の意思疎通が図れなければ治療上、何かしらの服薬状況を知る手だてが必要となります。

その時に使われるのがお薬手帳などの情報です。

災害時には医療機関が麻痺しているときに、例外的にお薬を渡されるケースがあるのですが、その時に自分が服用している薬の名前を正確に答えられる人は稀です。

 

そうした理由から、お薬手帳は手元に置いておくことを強くお勧めしています。

発注・検品・納品 在庫整理

患者さんにお薬を毎日お渡ししているので、減ったお薬分は新たに注文しないといけません。

これがまた膨大な量でして、注文したお薬を卸さんが持ってきてくれるのですが、注文したお薬が正しいかどうか、卸さんと一緒に確認します。

地味にこの作業が辛いのです。

あまりにも量が多いと、検品時に自分が口に出したお薬の名前がわからなくなって一瞬混乱するぐらいです。

ちなみに麻薬等の管理が特に必要な薬については更に厳重な検品になります。

 

定期的にあまり使用しないお薬は卸に返品したり、お薬の有効期限のチェックなど、在庫管理も行わないといけません。

むかたけもサラリーマンですので、常に薬の在庫量は絞れと良く上司からどやされています・・・。

決算月には棚卸しを行っているのですが、この在庫管理を日常的に行っていないと棚卸しの時に地獄を見ます。

在庫が合わない!!とかで薬局内は阿鼻叫喚となってしまうのです。

市販薬の販売・陳列

これは薬局によりけりですが、処方箋なしでも購入出来るお薬を取り扱っている薬局もあります。

中には第1類医薬品といって、市販薬の中でも薬剤師からの説明がないと購入出来ないものもあるので市販薬の販売時の指導も行います。

ロキソニンとかガスターが第1類医薬品です。

最近ではドラッグストアのように市販薬のみならず日用品を取り扱う調剤薬局が増えてきてますね。

薬局ではお薬の相談はもちろんですが、こうした日用品に関わる相談も意外と多いです。

経験上では、食品の添加物に関わることであったり、サプリメントとお薬の飲み合わせに関わる質問が多いですね。

先に投稿した記事に関わる相談も良くあります。

書類・データの情報管理。

薬局には毎日膨大な量の薬の情報が舞い込みます。

薬の使用上注意の改定であったり、問題が出た薬の回収指示であったりと様々です。

どんな些細な事例であっても情報として届くのです。

それがメールや書類として届きます。

新しく発売されるお薬や緊急性の高い情報であれば、卸や製薬会社の担当者さんが直接お話に来ることも多いです。

 

お薬の情報だけではありません。

日本は国民皆保険制度で、自費等の場合を除きほとんどの人が保険を使って医療を受けています。

その為、社会保険や国民健康保険、更に介護保険や公費医療に関する情報も届きます。

ですので、薬局のポストは毎日一杯なことが多いです。

情報の電子化の推進や薬局ポストの増設・拡張を日々願っています。

まとめ

大まかにはこんなところでしょうか。

患者さんがいる時は調剤に集中し、それ以外の時間は全て薬歴在庫・情報整理に充てなければ時間がどんなにあっても足りません。

お昼休み?定時?何ですかそれ??

と言わんばかりに忙しいことはしばしばです。

 

意外とお薬をお渡しするところ以外の仕事を知らなかった人もいるのではないでしょうか。

あくまで、むかたけの場合の仕事の例ですのでご参考までに。

薬局薬剤師って裏でこんなことやってましたというお話でした。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました