【妊婦】妊娠中に使える風邪薬と注意点

薬局業務
スポンサーリンク

薬局でたまに妊婦さんとお話しますが、大半は食べ物やお薬の相談です。

妊娠中でも飲める風邪薬はありますか?

このような質問は非常に多いです。

今回は妊娠中でも飲める風邪薬についてのお話です。

解熱鎮痛剤

まずはアセトアミノフェンを選択

妊娠中に使える解熱鎮痛剤として最も安全と評して良いのは、アセトアミノフェンでしょう。

老若男女に使用でき、汎用性も非常に高いです。

 

市販のアセトアミノフェン含有の風邪薬は、アセトアミノフェン以外にも後述するNSAIDs成分が配合されている事があります。

 

その為、可能であれば医療機関へ受診し、有効成分がアセトアミノフェンのみの薬を服用するのがベストでしょう。

NSAIDs

アセトアミノフェンの選択が出来ない場合は、NSAIDs(エヌセイズ)を検討されると良いでしょう。

NSAIDs:
Non-Steroidal Anti Infammatory Drugの略で、非ステロイド性抗炎症薬と言われています。
難しい名前に見えますが、名前の通り『ステロイドではない痛み止めです』という意味です。

NSAIDsはロキソニンやイブプロフェンなどの系統のお薬です。

その中でもイブプロフェンは安全性が高いのでおすすめです。

市販のNSAIDs系薬剤

 

しかし、イブプロフェン含め、NSAIDsは妊娠後期(妊娠28週以降)は、禁忌となっています。

その為、妊娠後期にはNSAIDsの使用は控えるようにして下さい。

禁忌とは:
お薬には、薬が使用出来ない条件がいくつかあります。
疾患や体質などが原因で使用すると健康被害が現れる可能性が高いとされる条件です。
お薬の説明書には、このような条件を『禁忌』と称して、薬の使用を禁じています。

連用はしないこと

妊娠後期以外の方は禁忌ではない為、基本的にはNSAIDsを使用することは可能です。

しかし、NSAIDsは子宮の収縮に関わるプロスタグランジンと呼ばれる物質を増減させてしまいます。

 

連用すると、流産リスクの増加に繋がりますので、必要最小限の使用に留めるようにしましょう。

2~3日で風邪が治まらなければ、医療機関へ相談するようにしましょう。

家の中に残った薬に注意

生理痛用の薬として、NSAIDs系のイブプロフェンロキソニンを選択する方は多いです。

妊娠前に購入したお薬が残っており、妊娠後期時の突発的な風邪でその薬を使ってしまうケースもあります。

妊娠後期は特に注意が必要ですので、お薬の確認はしっかり行うようにしましょう。

 

スポンサーリンク 

 

咳止め

咳止めや痰切り薬などは禁忌レベルのものはありませんので、問題なく使用することが出来ます。

市販の咳止め薬

咳止めの成分は眠気を誘発することが多く、対策としてエフェドリンカフェインが含有されているお薬もあります。

 

エフェドリンカフェインなど、血管を収縮させる物質が入っていることもあります。

どちらもお薬に含有されている程度の通常量であれば、基本的には妊娠中でも使用は可能ですが、連用は避けた方が良いでしょう。

花粉症薬・鼻炎薬

花粉症や鼻炎に使うアレルギー薬ですが、使えるお薬と使えないお薬があります

妊娠と花粉症|豊島区南長崎の産婦人科、内科、不妊治療、 小川クリニック (ogawaclinic.or.jp)より

 

使えるお薬の場合も、連用は望ましくはありません。

使わないと日常生活に支障を来してしまう場合などに留めた方が良いでしょう。

妊娠中でも使用出来るアレルギー薬

漢方薬

連用はしないこと

漢方薬も服用は可能ですが、中には禁忌となる生薬が配合されている為、注意が必要です。

風邪の時に良く使用される『葛根湯』や『麻黄湯』には、麻黄(マオウ)と呼ばれる生薬が含有されています。

麻黄にはエフェドリンと呼ばれる成分が入っています。

風邪症状緩和の為に短期的に使用する分には問題ありませんが連用は控えるようにして下さい。

大黄には注意

漢方薬などでは、大黄(ダイオウ)と呼ばれる生薬が配合されているケースがあります。

こちらの大黄ですが、成分がセンノシドと呼ばれる刺激性下剤に使われる成分が入っています。

 

センノシドは子宮収縮作用が認められていることから、妊娠中には『原則禁忌』とされています。

大黄を含む漢方薬には注意するようにしましょう。

原則禁忌とは
投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること』とされています。
禁忌とは異なり、必要性があれば使用も可能といった条件となっています。

インフルエンザ薬

風邪ではありませんが、インフルエンザのお薬は妊娠中でも使用は可能です。

妊娠中は妊娠前よりも免疫力が落ちる事が多いです。

その為、インフルエンザの重症化リスクが上がり、放置しておくと母子共に悪影響となる可能性があります。

早期に薬を使用して治しましょう。

ちなみに、妊婦さんに対するインフルエンザワクチンの接種は問題はありませんので、ご安心下さい。

まとめ

  • 解熱鎮痛剤ではアセトアミノフェンをまず選択すること
  • 可能であれば市販薬よりも処方薬の方を服用
  • NSAIDsは妊娠後期には使用しない
  • アレルギー薬は妊娠中に使えない物もある
  • 漢方薬は大黄含有の物は注意
  • 基本的にお薬は連用しないこと

最後に

自分は良いけど、お腹の中の子どもが心配

薬局に勤めてると、そういった妊婦さんの声を良く耳にします。

妊娠中は本当に食べ物やお薬に気を遣う事が多くなると思います。

困ったときはかかりつけの薬剤師さんに是非相談してみて下さいね。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました