【節税】選択制確定拠出年金をやってみて感じたこと

日常
スポンサーリンク

ふるさと納税NISAなど、世間では節税している人が多くなってきた印象です。

それに勝るとも劣らない節税方法が確定拠出年金ですが、私は始めたばかりの初心者です。

今回は確定拠出年金をやってみて感じたことをいくつかお話します。

節税してる実感はあまりない

私は会社員で、会社は企業型確定拠出年金の選択制を採用しています。

むかたけ
むかたけ

選択制確定拠出年金ですね

 

企業年金等もないので、月額の掛け金はMAX55,000円までの大盤振る舞いです。

しかし、確定拠出年金は『原則60歳までは引き出せない』という資金ロックがかかります。

むかたけ
むかたけ

60歳までに引き出せない貯金箱にお金を入れるイメージですね。

 

なので、臆病な私は毎月5,000円と言う少額から積立を開始しました。

確定拠出年金は長期間で取り組むことを余儀なくされる制度です。

 

その為、

『失敗は許されない・・・。』

という雰囲気や

 

『引き出せないので、お金を失くしている』

という印象がどうしても生まれてしまいます。

 

帳面上には積み立てられてる数字はあります。

しかし、引き出せないとなるとどうしても『絵に描いた餅』感が否めなくなってしまうのです。

さすがに5,000円だと、節税効果も微々足るものになってしまいます。

 

なので、節税してる実感は正直皆無といっても良いです。

 

ちなみに月に5,000円の拠出だと、年間の節税額はおよそ12,000円になります。(30歳 年収500万の場合)

 

節税額などのシミュレーションはこちらをご参考下さい。

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

 

手取りが減る

確定拠出年金は給与から天引きされるので、かけた分は手取りがごっそりなくなります。

予想していたとはいえ、月5,000円でも給与が少なくなると精神的ダメージは大きいです。

 

むかたけ
むかたけ

まぁ、その分節税+投資に回せていると思ってやっています。

 

ただ、やはり

 

60歳まで引き出せない

 

という縛りは精神的にはかなりきます。

 

自分の月の収支をしっかりと理解した上でないと、毎月の拠出額を上げることは難しいです。

それは生活の上でもそうですが、それ以上に精神的にきます。

 

毎月の収入が減るというのはそれだけ脅威です。

それはたとえ少額でも気になってしまいます。

 

拠出額を決める時は精神的に余裕を持たせることが絶対条件になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク 

 

ボーナスが減る

他の企業はわかりませんが、私の会社では選択制確定拠出年金は、基本給部分から天引きされます。

 

私の会社では、ボーナスの計算は

基本給×係数

となります。

 

例えば、係数が3の場合は、

基本給×3となり、ボーナス額は基本給の3倍と言うことになります。

 

基本給が20万、手当てが10万で給与が30万の場合でも、

20万×3=60万円

がボーナス額となります。

 

その為、確定拠出年金で掛け金を増やし過ぎると、ボーナスの額が途端に激減します。

確定拠出年金でMAXの5.5万拠出すると、基本給は14.5万となります。

20万-5.5万=14.5万円

 

基本給が14.5万なので、ボーナスは43.5万となってしまいます。

確定拠出年金をかけてないときと比べて、26.5万円も少なくなってしまいます。

確定拠出年金 基本給 拠出金 ボーナス額
なし 200,000 0 600,000
MAX拠出 145,000 55,000 435,000

しかも、年間60万円も手取りが少なくなってしまいます。

 

いくら節税分と投資分の積立になるとはいえ、原則60歳まで引き出せない上に手取りもボーナスも少なくなるとなっては、たまったものではありません。

 

むかたけ
むかたけ

老後の資産よりも今のお金が本気で心配になるレベルです。

 

なので、掛け金は急に増やすのではなく、昇給額に合わせて少しずつあげていくのが良いのかな~と思いました。

社会保険料の恩恵は遅れてやってくる

私の会社の新規や掛け金額変更は、毎年8月以降に適用となります。

社会保険料は4~6月の月の給与の平均で算出されます。

そして、9月分(10月納付分)から、社会保険料が変動します。

その為、8月から確定拠出年金の天引きが始まったとすれば、既に4~6月の給与で社会保険料は決まっています。

つまり、確定拠出年金が開始される月次第では、確定拠出年金の恩恵を受けた社会保険料となるのはしばらく先になる可能性があります。

 

確定拠出年金の天引きが始まるのが8月からであった場合は、来年の9月までは急激な賃金の変更を除いては、社会保険料の変更はありません。

私のように、およそ1年間は手取りは減るけど社会保険料はそのままというハードモードが待っている場合もありますので、ご注意下さい。

社会保険料の減らし過ぎにも注意

社会保険料を減らすと、手取り額は増えます。

しかし、その分将来の厚生年金や何かあった時の傷病手当金、出産手当金などが減ることに繋がります。

 

社会保険は文字通り『保険』ですので、支払い額を少なくすれば恩恵も薄れます。

手取りと『保険』のバランスも考えて掛け金を決めていきたいですね。

 

多少の値動きは気にならない

元本保証ではない商品を選択した場合、当然ながら運用益がマイナスになることはあります。

仮に商品の運用益がプラスでも、手数料等でマイナスになることだってあります。

 

通常の積み立てであれば、

あ~…マイナスになってる

と、運用益に対して敏感になってしまいますが、確定拠出年金の場合は鈍感になってしまう印象です。

 

何故なら、掛け金を拠出した分はしっかりと節税効果があるからです。

 

むかたけ
むかたけ

節税分はプラスになってるから、多少マイナスでも良いか~

 

こんな感じの思考になるので、ちょっとやそっとの変動には動じなくなります。

私が鈍感なだけなのかも知れませんが。(‘ω’)ノ

手取りや資金が少ない人は…

将来の為の積立は可能でも、やはり手取りが減ってしまうのは少し痛いです。

 

  • 将来的なライフプランなどが大まかでも確立してくる辺りで徐々に初める
  • その上で収入が上がったタイミングで掛け金も増やす
  • 手取りを極力下げず、税金も上げないけど節税、投資に回す

 

このような絶妙なバランスをとることが、確定拠出年金には大事かと思いました。

 

よっしゃ!
税金浮くからMAXまで掛け金増やすぜ!

というやり方だと、手持ち資金が不足するどころか、将来的な資産運用に回す資金も不足してしまいます。

 

資金ロックの面もあるため、ご自身のライフプランの選択肢を狭めてしまうような掛け金のかけかたは命取りです。

節税と聞いて、MAX利かせたい気持ちもわかりますが、何事もバランスを重視すべき制度なのでしょう。

まとめ

  • 少額だと節税してる実感は皆無
  • 手取りは少なくなる
  • 会社によってはボーナス額も減る
  • 社会保険料の恩恵は遅れてやってくる場合も
  • 節税メリットで値動きはそこまで気にならない
  • 手取りや資金が少ない人はバランスを良く考える

最後に

確定拠出年金は、NISAやふるさと納税に比べると長期間で行なうことを余儀なくされてしまうため、とりつきにくい印象です。

しかし、節税効果やお得になる制度としてはNISAやふるさと納税以上だと思います。

 

何事にもリスクは付き物ですが、ご自身の収入と支出のバランスが理解出来れば、掛け金の設定も難しくないと思います。

無理なくコツコツとやっていきたいですね。

企業型確定拠出年金、選択制確定拠出年金で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました