【サーフィン】脂肪という名の鎧を脱ぎ捨てると寒がりになりました

日常
スポンサーリンク

私はたまに趣味でサーフィンをしていますが、真冬でもサーフィンします。

ウエットスーツを着ているとはいえ、当然寒いです

友人と一緒にサーフィンに行くことが多いです。

 

冬のとある日、いつものようにサーフィンしてた時のことです。

友人がふとこんな一言を私に言いました。

 

友人
友人

むかたけさ、前と比べて絶対寒さに弱くなったよね?

 

た、確かに…。

サーフィンをはじめた当初は真冬でも寒くはありましたが、震える程ではなかったです。

 

が、今では友人と2人で震えてます。

思い当たる節はあります。

 

サーフィンをはじめた当初、私は太っていました

ちなみに友人は引き締まったボディです笑

 

現在私は体重62kg、体脂肪率13%ですが、数年前の当初は体重70kg、体脂肪率20%オーバー見た目は完全にメタボ予備軍でした。

 

それから約1年で今の体型にしたのですが、ダイエット方法は主に徹底したカロリー計算によるものです。

 

数年前と体重が10kg近く違い、搭載している体脂肪も大幅に減りました。

太っているときは、

 

友人
友人

脂肪という名の鎧を身に纏ってるから寒くないでしょ?笑

な~んて冗談言い合ってましたけど、寒いものは寒かったです。

ですので、体脂肪があっても関係なく寒い!というのが持論でした。

デブなりのプライドがあったのでしょう。

 

しかし、友人に近い体型になった途端、寒さに滅法弱くなりました

今まで冬にマフラーとか巻いてなかったのに巻き出しましたし。

海でも防寒用のグローブは必須になりました。

 

冷静に考えれば、薄っぺらいTシャツ一枚でもでいるのと比べれば寒さが全然違います。

 

脂肪1kgの体積って2Lのペットボトルに相当するようですね。

私の場合は体脂肪率7%ぐらい落としてるので、体脂肪量に換算すると、約5kgぐらい落としてることになります

つまり、私はダイエットで10Lぐらいの体脂肪を落としたことになるのです。

 

こないだコンビニで2Lのペットボトルを手にしたときに感じましたが、1本でもなかなかの体積です。

それを5本分です

こんなに脂肪を落としてたのか!と今更ながら驚愕しました。

そして、この量の脂肪をパージすれば、そりゃ寒がりにもなるなと納得しています。

 

動物が冬を越すために肥えるのも頷けますね。

魚も極寒の魚の方が脂がのってるイメージありますし。

今年の冬は寒すぎたら敢えて脂肪を付けてみるのもありかな~。と思った今日この頃です。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました