【健康診断】健康診断結果が出ました。

日常
スポンサーリンク

健康診断結果が出ました。

皆さん健康診断は定期的に受けていますか?

年度末は健康診断の駆け込みが増えると思います。

 

サラリーマンであれば会社から

健康診断受けてない人は早く受けて下さいね~

と通達があると思います。

私も通達を受ける一人です。

健康診断はご自身の身体を知る良い機会ですし、何より義務ですのでしっかり受けましょう。

そんなわけで、健康診断に行ってきました。

 

そして先日、健康診断の結果が返ってきたので、早速結果を確認してみたいと思います

私は趣味がダイエットなので、地味に健康診断の結果は楽しみにしていました。

今回は最低限の検診しか受けていません

一般健康診断ですので、胃を調べる為にバリウムを飲むとかそういった内容の検査はしていません。

 

では開いてみましょう。

・・・・なんか1箇所『』がありますね。

脂質』だけ悪くて、その他は問題なし。

ほぼ『』ですけど、『C6』ってなんでしょう?

マジですか。・・・本当にショックです。

 

メインディッシュの脂質はさておき、まずは順に見ていきましょう。

体重がいつもより下がってますね~。

体重はいつも60~61kgぐらいはあるのですが、午後に検診を受けたのでいつも以上に腹ペコだったのを覚えています。その影響かもしれません。

体重が下がった影響で体脂肪率が若干上がってますね。

腹囲は70cm。これもいつもより1~2cmぐらい短いですね。きっと腹ペコの影響でしょう。

『聴力』などは突っ込みどころないですし、『肺機能』は今回やってないのでスルーです!

視力は私はもともと左右差が大きい方でしたので、これぐらいの左右差であれば許容範囲内です。

利き目は右目で1.50もあれば問題なしです。

血圧105/64 いつも通りですね。

もともと血圧は低い傾向にあるのでノーマークです。

さあ、やってきました『脂質』。

中性脂肪は基準値ど真ん中なので良しとしましょう。

問題なのはLDLコレステロールです。

数値140!? 結構高いですね~。

一般的にLDLコレステロール値が140mg/dl以上高コレステロール血症と言われます。

最近なんか変なものでも食べてたかな?
身に覚えがありません。本当に見当がつかない・・・。

 

あとの項目は大体スルーで問題なしでした。

『糖代謝』は異常なし。

『血液一般』の方も問題なしで、尿酸値も一時高かったのですが、現在は5.2で問題なし。

体質的に尿酸値は上がりやすいんですよね。

『便』『骨密度』もやってないのでスルー。

『心電図』異常なし。『レントゲン』異常なし。『消化器検査』今回はバリウム飲んでないのでスルー。

こんな感じですね。

 

スポンサーリンク 

 

いや~、脂質が高かったのはびっくりしました。

食事とか気を付けていたので本当にショックです。

なんだったら『もしかしたらオールA行くのでは?』と高を括っていたほどです

 

食事に関しては脂質の少ない食事内容で、運動も適度にやっていたつもりだったのですが・・・。

改めて説明文を見ましょう。

動脈硬化心筋梗塞・・・。

分かってますよ~。薬剤師なので患者さんにいつも説明しています。

何がショックって、説明・指導する側の薬剤師がこの低たらくなのがショックなのです。

コレステロールはHDLLDLが有名で、以下のような働きがあります。

HDL-コレステロール:体の組織からコレステロールを回収する。                     LDL-コレステロール:体の組織へコレステロールを運び届ける

私の場合はLDL-コレステロールが高めなので、身体の隅々まで運ばれているコレステロールが通常よりも多い可能性があるということです。

 

ちなみに、今回の私のようにLDL-コレステロールが高いからといって、すぐに薬物治療になるわけではありません。

コレステロールをコントロールする最大の目的は、動脈硬化を予防することにあります。

その為、数値が高くても基礎疾患などがなく、動脈硬化が進むリスクが低ければ食生活・運動習慣の改善をまず行う形で良いのです。

動脈硬化リスクは吹田スコアによりカテゴリ分けすることが出来ます。

吹田スコアとは:                                年齢・性別・喫煙の有無・血圧・HDLやLDLの数値・耐糖能異常の有無・早発性冠動脈疾患の家族歴の有無で、今後の冠動脈疾患の発症リスクを数値化する指標です。     これにより低リスク・中リスク・高リスクにカテゴリ分けすることができ、各リスクによりLDL-コレステロールの目標値が決まります。

動脈硬化性疾患予防ガイドラインや脂質異常症治療ガイドラインなどに記載されていますが、詳しいお話はここでは割愛させていただきます。

私は低リスクのカテゴリでしたので、LDL-コレステロールの是正目標値は160以下です

私の数値は140でしたので、ひとまずは食生活・運動習慣の是正で問題ないと思われます。

食生活・運動習慣の是正を何か月か試してみて、どうしても駄目なら薬物治療も考慮する流れになります。

尚、吹田スコアで低リスクであっても、冠動脈疾患の既往があれば生活習慣の是正と同時進行で薬物治療の検討も行います。

 

こないだやった遺伝子検査の結果でも確認してみましょうか。

コレステロールの溜まりやすさなどは標準だったのですが、

アテローム性動脈硬化症のリスクが少し高め

アテローム動脈硬化とは?                            動脈の内壁にへばり付いたドロドロの粥状物質のことをアテロームといいます。    アテロームは主にコレステロールや白血球などの死骸で形成されます。        アテロームが形成されると、血管の柔軟性が失われたり、血液の流れが悪くなったりします。酷ければアテロームが破れて血栓などを生じることにより、心筋梗塞や脳卒中の引き金となってしまいます。                             世間一般でいう動脈硬化のほとんどはこのアテローム性動脈硬化の事を指します

 

もしかしたら遺伝的要因もあるかも知れませんね。

 

改めて食事内容を見直すのと同時にちょっとウォーキングとかやってみますか。

地味に期待していた分、ショックが大きいですね。

リスクはまだ低いので、あまり心配はないかと思うのですが、単純に『』があったことがショックです。

』ってこんな形でしたっけ?ゲシュタルト崩壊してきました。

 

今回は2月末に受けたので、半年後の夏ぐらいにリベンジします

皆さんも健康診断は定期的に受けましょう!!

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました